スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院の1日

一体動物病院ではどんな1日が過ごされているのか?

もしかしたらみなさんのイメージは急患が運び込まれて緊急手術!みたいな感じでしょうか。

そんなことは滅多になく、基本的に急な手術は多くありません。(実際、緊急手術が必要なものは限られた病気しかありません。交通事故による骨折なんかでも、まずは安静にして一般状態を改善させます。)

なので多くは

午前の診察(9:00~12:00)

手術の時間(12:00~17:00)

午後の診察(17:00~20:00)

と手術の時間は決まっています。(内の時間はうちの場合です。)

もちろん予定通りにはいきませんが。。。



朝はスタッフミーティングでその日の予定の確認、連絡事項、入院個体について情報を共有します。

午前の診察が始まる前に入院個体の健診や治療を行います。

診察時間になると獣医師は基本的に診察と治療に専念していきます。

同時進行でお昼の手術の準備を始めていきます。

入院個体の治療がうまくいかなければそっちの検査や治療をやっていかないといけないので、正直頭は常にフル回転です。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃという中で多くの獣医師がピリピリしてきます笑

ここで看護士へ当たったり、飼い主さんへ当たったりする獣医師が大変多いです。

ここで冷静にやるべきことをこなしていく獣医師が理想です。。。がなかなかそうはいかないもんです。

それほど獣医師の仕事量は多く、精神的なストレスも大きいものです。



お昼になると待ちに待った昼食タイム。。。ですが、手術が多い日は交代で食べたり、少なくともゆっくりランチなんてできません。

このお昼の手術の時間は看護士は一旦自宅へ帰る場合が多いです。(シフトにより昼にも数名は残ってくれます)

時には手術が長引いて午後の診察時間にかかってしまうこともあります。

ときには午後の診察を先生一人で回す必要があることも。。。
スポンサーサイト

動物を飼うこと

なんのために動物を飼うのか、このことについては小動物臨床にかかわる獣医師として日々いろいろなことを妄想します。


ただの動物好きな自分が考えれば、一緒にいてうれしいから、楽しいからなんてありきたりな答えが出てきます。

また、動物との関わりが精神的な成長に関係するという説も個人的には信じています。

要するに、動物の世話をしていれば優しい子に成長するということです。

いろんな本で動物とのふれあい効果が論じられていますし、最近では唾液中の成分を調べてその影響(おもにリラックス効果)を数値化することもできるみたいです。

(これは飼うことの効果というよりも一時的なふれあいの効果でしょうか)


まぁしかし。

動物を飼うということはその時点で動物に興味を持っているわけですし、世話をしようという気持ちもあるわけで、優しいや思いやる心がどの程度身に着くのだろうと少し疑問です。

ただのエンターテイメントのために動物を飼っているのでしょうか?

もちろん、あの子たちの純粋な心を感じる時間はとても幸せで切ない気持になれますし、素晴らしいエンターテイメントだとは思います。

なんかそれだけじゃないぞ。。。そんな思いはずっと心のどこかにありました。


獣医師として、健康な子の誕生から、年老いて亡くなるに至る過程に何度となく触れ、気づいたことがあります。


人生の縮図


人ほど長生きできる動物はそういません。

犬猫なら10~20年

ウサギやフェレットでは長くて10年


人が体験できる大切な人との別れ、そんなもの人生で数回しか体験できません。

そして体験して初めて知ることがあります。


「誰しもいつか死ぬんだ」

という当たり前のこと。

そして、

「大切な人を大切にできていなかった」

ということがどれだけ切なく苦しいかということです。



動物をなんのために飼うのか


動物を飼い、愛することで、愛するものとの別れを体験させるため―


そういうと初めから動物が死ぬために生まれてきてるみたいですが、私は一番大事なことだと思います。


大切な別れから、

生きていることの素晴らしさを感じてほしい

大切な人を大切だと素直に表現してほしい


大切な別れ。。。それが起こるのは、人生においてたまたま起こる不幸以外では動物を飼うことでしかないでしょう。

大切に大切に思わせるパワーが動物にはあります。



そして、その大切さを飼い主さんに感じさせることが我々獣医師の務めです。


この子は、あなたがいないとダメみたいですね

この子は、とてもあなたを信頼していますね


ちょっとした一言で見方を変えうる発言力があります。

いろんな動物を見ている私たちですから、どんな接し方をしているのかなんてすぐにわかります。

もっとこうしたらこの家族はより愛情を持って接し合える

それを探して指導すること、それが重要なのです。



獣医師は病気を治せばいいと思っているわけではありません。

病気を治すことしかできない場合、獣医師ではなく、獣医です。


どんな人生を共に歩ませるか

どんな別れを迎えさせるか

そこまで見つめて師として諭す、これが本当の獣医師です。



大切にしている動物が病気になってしまったとき

亡くなってしまったとき

多くの飼い主さんが涙を流します。

それだけ心を動かした動物は、幸せです。

大役を果たしたのだと、私は思います。

おススメ動物病院

動物病院はどう選んだらいいでしょうか?

インターネットで情報があふれている現在とはいえ、ネットの情報は偏っていることが多いので、結局自分が信頼できる動物病院を選ぶしかありません。

まず、第一に近いことが大事です。

遠いと年一回のワクチンくらいならいいですが、なにか病気(皮膚病など)の際に通うのがしんどいです。近場から探すのは大切です。


次に大事なのは獣医師です。

まず、自分と波長が合う先生のほうがよいでしょう。波長の合わない先生の話はどうしても軽く思ってしまいがちです。飼い主と獣医師の信頼関係がうまく築けず、愛犬、愛猫の病気が進行していってしまうのは悲しいことです。

技術、知識的に良い獣医師というものは、おそらくぱっと見ではわかりません。

一番信頼できるのは口コミです。

ネットは情報が偏っているのであんまり参考になりません。
(もちろん獣医師にもミスはあります。それを一部の飼い主さんは誇大にネット上へ流します。逆もまたしかり。マグレで治療できたものが誇大評価されることもあります。)



動物病院に行く目的によっては、獣医師の数も大事です。

避妊手術や去勢手術、その他外科的な治療を望まれるのであれば、私なら獣医師の多い動物病院にします。

手術は執刀者、助手、麻酔、外回りという役者が揃って安心した状態で行えるものです。
人手不足の動物病院では一人ですべてを行うこともあります。あるいは動物看護士なんかに手伝ってもらっています。

それはそれで慣れていてチームワークの悪い動物病院と比べるとスムーズかもしれませんが、生き物というものは個性があり何が起こるかわからないものですし、不測の事態に大ごとになりやすい外科手術は獣医師が多いほうがよいでしょう。


一方普段の診察では、獣医師の数が多いところころ獣医師が変わり、誰に診てもらってるのか。。。という状況になりかねません。
担当医制を用いており、安心できる獣医師がいる動物病院か、もしくは一人でやってらっしゃる先生にずっと診てもらうほうが安心できます。


値段は普通が一番です。

高すぎると困りますし、安いのは怪しい場合があります。

その地域で普通の値段を請求してくるところのほうが信頼できます。そういう動物病院のほうが周りの獣医さんからの信頼もあるはずです。


動物病院の良し悪しは、獣医師が見ても難しいものです。

いくつか候補があれば、さまざまな人に意見を聞いて、実際行ってみて、獣医師と話をして決めるとよいでしょう。

爪切り

飼い主さんの中には、動物のお医者さんに爪切りをお願いしている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

中には自分でぱちんぱちんとやってしまう方もいるくらい簡単な爪切りという処置、先日苦い思い出がをしました。


爪切りはワンちゃん、ネコちゃんにとって大切なものです。

特に前肢にある狼爪(人でいう親指)と呼ばれる爪は地面で擦れることがないためどんどん伸びていきます。
(一部の大型犬種では後肢にも狼爪があるので注意してくださいね。)

あんまり伸びすぎると巻いてきて自分の肉球に刺さってしまいます。猫なんかでたまに怪我しました!って来院する方がいますが、爪切りさえできていれば予防できるものです。


そんなワンちゃんネコちゃんにとって必要な爪切りですが、元々この子たちは足先を触られるのを嫌がるので、どうしても爪を切ろうとすると逃げたり、怖がったり、キツイ子だと怒ったりします。

さらに爪が黒くて血管が見えにくい子も多く、出血させてしまった!っていう飼い主さんも多くいます。


なので動物病院にお願いしてくる人もたくさんいますし、ワクチンや狂犬病のついでにやるってことも日常的です。


そんなこんなで爪切りは毎日やってました。

そんな中、爪切りとワクチン希望で子犬のワンちゃんをつれたお母さんが来院されました。

いつものように健診を一通り行っている最中、「あ~ちょっとこれは、、、」と思っていました。

極度の怖がりで軽く触ろうとしてもビクっとなってしまう。。。

さらに爪は真っ黒

ここで怒ってくれでもしたらお預かりして奥で手伝ってもらいながらやりますね~、なんてことも言えるんですが。。。噛んでくるっていう感じはしないためお預かりするのは変という雰囲気でした。

しょうがない、と思って爪を切っていきますが、悲しい声で泣き始めるし、手はパタパタじっとしないし、、、うー、これはとてもやりにくい~と思っていました。

そのとき、ついに血管を切ってしまいました

じわっと出てくる血。。。

しまった~、と思いながら止血をして、飼い主さんに謝りながら残りを終わらせました。
そのときはなんにも言われず帰っていただきましたが、その後に電話が鳴りました。


「プロが血管を切るとはありえない」
「もう信頼できない」


言われ方があまりにも一方的で、面喰ってしまいました。
それ以外のことについても不満があったようで。。。

一通り不満を聞いた後、出血させたことを詫び、どうしても血管の伸びjはわからないものでしょうがないこともあるんです、と伝えましたが、向こうは聞く耳持たずでした。


幸いほかの病院へ行くとは言わずに、ほかの先生に変えてもらうだけで済んだのでよかったのですが、かなーりへこんでしまいました。


しかしよく考えてみると、日々の爪切りの中で、多少の出血はしょうがないと思っていた部分もあるな、と反省しました。

私たちの日常は普通の飼い主さんの日常と等しくはありません。

私たちが当たり前に行っていることが飼い主さんにとっては驚きで、冷汗をかくものであることは数多くあります。(耳掃除で液体を耳に入れることや、できものに針を刺すことetc...)

これからは絶対に出血させまい!と心に誓い、日々の診察でも細かいことまで飼い主さんへ説明し、納得してもらわないといけないな、と感じた次第であります。

theme : ペット関係の仕事
genre : 就職・お仕事

動物のお医者さんは優しいか?

動物のお医者さん

みなさんはどんなイメージを持っているでしょうか?

「動物好きな優しい人」

きっとたいていの人にはそう思われているでしょう。

実際のとこ動物のお医者さんは優しいのでしょうか?



動物のお医者さんになるためには、農水省が行っている獣医師国家試験に合格する必要があります。
その獣医師国家試験の受験資格を得るためには、(日本であれば)6年間大学に通って獣医学課程を修了する必要があります。

と、いうわけで動物のお医者さんはみんな、けっこー難関である獣医大へ入学し、卒業してきています。

動物のお医者さんその①
「(ペーパーテストの)頭がいい」


獣医大へ入学する人のほとんどは、将来動物のお医者さんになる!という気持ちで入学していると聞きます。
しかし、6年間を通じて学ぶ中で、獣医師が牛や馬、豚などの治療や検査も行っていること、公衆衛生の分野で感染症の予防や対策を行っていること、製薬会社に勤めることや研究者として働く道があることなどを知り、いろんな話を聞いたり体験する中でどういう道へ進もうか悩んで就職していきます。

さらに、動物のお医者さんという仕事がハードで給料が安いことを知り、また、器用さや要領のよさ、生涯勉強していく勤勉さが必要な職業ということを痛感する中で、最終的には獣医大に入学した半分くらいの人しか動物のお医者さんにはなりません。
(獣医師にはほとんどの人がなります。ここでいう動物のお医者さん=小動物臨床の獣医師です。)


そんな動物のお医者さんを職業として選ぶ人は、自分がそんな厳しい世界でもやっていける!と思う人たちです。

動物のお医者さんその②
「自分に自信がある」


就職して念願の動物のお医者さんになれたはいいものの、やっぱり実際の仕事はとても大変です。

朝は入院している子の健診や器具の準備、午前の診察を経て、お昼休みはご飯の時間もそこそこに手術、夕方から夜まで午後の診察、片付けや入院の子のお世話。。。

とまぁ、朝から晩まで働きっぱなしです。立ちっぱなし、集中しっぱなしです。

また、一般にはいきなり開業、というわけにはいかないのでどこぞの院長の下で修業を積むこととなります。

当然最初から器用になんでもできるわけではないですし、要領もつかめないためなんかするたびに上から怒られまくります。

そこそこ成績も良く、怒られ慣れてない坊ちゃん、お譲ちゃんが多いのでプライドは傷つきます。

そんな中、女性の獣医師はいつしか結婚→子育て→退職という人が少なくありません。

修行を積み重ねた先にとうとう開業を果たす人は、こういった体力的・精神的ストレスに耐えつつ、自分でもできると判断して独立に至ります。

動物のお医者さん③
「強い(肉体的にも精神的にも)」


まとめると、動物のお医者さんは、
「自信家でタフな成績の良い人」

ということになります。たいていの動物のお医者さんはだいたいこれに当てはまると思います。

優しいというキーワードは得に出てきませんね笑

もちろん動物が好きで、動物のために働きたい!という優しい人もたくさんいます。


ですが中には、
動物病院で開業すればそれなりの収入があるため、動物のお医者さんになる人(=金欲の大きい人

さらに、外科手術が好きで動物のお医者さんになる人なんかもたくさんいます。


特に大きい病院の院長になっている人は、概して外科手術が好きです。

なんで大きな病院に成長できるか?ひとつはその病院にしかない特別な技術があるからそこで働きたいという若い人が集まるんです。

その特別な技術を得るためには多くの経験を積むしかありません。

経験を積むためには、飼い主さんを外科手術するよう勧めなくてはなりません。

積極的に外科手術を勧める外科手術の好きな人が多くの経験を積み、特別な技術を得ていくのです。

さらに外科手術は内科的治療に比べて収入があるため、多く外科手術に取り組んでいる人ほど儲かり、病院を大きくできるんです。

外科手術が好きな人っていえばちょいとイメージが沸くかもしれませんが、内科的治療を好む人よりやっぱり性格的に優しくない人が多いです。

だって切るのが好きなんだもん。ふつうは怖いです。


ということで、動物のお医者さんは必ずしも優しくはありません。

優しい、ということが動物のお医者さんにとって必須ではないからです。

優しくても不器用だと困るんです。ひとつのミスが命にかかわるお仕事です。

優しくても不真面目だと困るんです。獣医療も日々進化しています。

タフで、器用で、勉強熱心で。。。できれば飼い主さんに対して愛想が良いこと。

これらができている方がよっぽど重要です。


しかし当然のことですが、優しい動物のお医者さんの方がスタッフから愛され信頼され、裏でもあなたのワンちゃんを丁寧に扱い、かわいがっていることは間違いありません。

theme : ペット関係の仕事
genre : 就職・お仕事

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

ぬーとりあ

Author:ぬーとりあ
まだまだ未熟な動物のお医者さんです。


動物と共に生きるということは本当に素晴らしいことです。
純粋に生きている彼らの姿は美しく、多くのことを教わります。

そんな動物と一緒に過ごせる毎日に感謝し、日々成長していきたいと思っています。

そして一人でも多くの人が、動物との生活をより充実したものにできるように、情報を提供できたらと思っています。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。